スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
Episcopal Church issued the statement for 43 health workers/比聖公会、医療従事者に関し声明発表
 The Prime Bishop of the Episcopal Church in the Philippines issued the statement, "Freedom for the 43 Health Workers".

フィリピン聖公会首座主教が43名の医療従事者の解放を求める声明を発表した。

 
Japanese tentative translation

43名の医療従事者に自由を(仮訳)

 1か月前、300名を超えるフィリピン国軍と警察が、フィリピン薬科大学名誉教授で、フィリピン総合病院顧問でもあり、伝染病のスペシャリストとして知られるメレシア・ベルモンテ医師の別宅に押し入り、43名の医療従事者を拘束した。その後、人権委員会の調査が入るまでの数日間、親族や知人の面会も拒絶された。私たちの理解では、彼らは、NGO団体である保健開発協議会(CHD)の提供により、医療に関する技術トレーニングを行っていたグループである。参加者の多くは、CHDまたはコミュニティ医薬開発基金(Commed)の会員である。逮捕された中には、フィリピン合同教会(UCCP)の信徒で、同教派の保健ミニストリー担当であるアレックス・モンテス医師と、聖公会の信徒で、多くの住民が私たちの教会の信徒であるサガダ(マウンテン・プロビンス州)出身のアンジェラ・ドロリコさんが含まれており、私たちはこの問題により大きな関心を寄せているところである。
 逮捕の合法性が現在裁判所において問われている中、43名の医療従事者は、身体的精神的な虐待を受け、基本的な権利を奪われてきたとみられる。3月18日には人権委員会が、申し立てに関する公聴会を予定している。私たちは、貧困層や周縁化された人たちが長きにわたり保健サービスを受ける機会が欠如してきたことを承知している。医療へのアクセスのギャップを埋め、遠方や都市貧困地域において、健康に関する教育と医療を直接提供するコミュニティ・ヘルス・ワーカーを訓練し育成してきたのが、NGOの存在である。
 医療行為において最も基礎的な健康管理と治療は、イエス・キリスト自身が行った奉仕の業である。それは、彼の教えと語りの中に常に存在していたと言える。私たちが奇跡の物語について語る場合の多くは、治療困難な病を負った人々に対して行われる癒し場面が引用される。事実、癒しは、フィリピンにおいて聖公会がそのミッションをスタートした時の、最初の奉仕活動の一つでもあった。
 しかし、教会の関心は、病気などの癒しにとどまらない。エレミヤ書33章6節は、次のように語る。「見よ。わたしはこの町の傷をいやして直し、彼らをいやして彼らに平安と真実を豊かに示す。」これは、まさに43名の医療従事者の癒しが求められている状況、すなわち人々の権利が冒涜されていることが許されるこの国の癒しの必要性を示している。
 それゆえ、私たちは、医療従事者たちの即時解放を関係当局に要請する。いかなる社会にも、最も小さき者たちのために仕えようとする人々に苦難を負わせるような、不正義が居座る場所はない。

フィリピン聖公会主教会
首座主教 エドワルド・P・マレクダン
| ngo-ph-rights | 他団体の動き(Related activities of other organizations) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://ngo-ph-rights.jugem.jp/trackback/251
  1. SNS