無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
DUKOT (Desaparecidos) Film Showing in Japan / DUKOT日本でついに公開
フィリピンの超法規的殺害の問題を描き、2010年ガワド・タングラウ最高映画賞を受賞した映画「DUKOT(ドゥコット)」が日本で公開されます。公開に合わせて主演のアレン・ディソンと製作総責任者のデニス・エヴァンヘリスタが来日し、舞台挨拶を行います。



DUKOT

ストーリー:希望あふれる若い社会活動家たちが、ある日突然姿を消し、家族とも連絡が途絶える。彼らに何が起きたのか?事件に巻き込まれた人々とその家族の悲しみ、怒り、闘いを描いた感動作品。

製作年度:2009年
監   督ジョエル・ラマンガン
脚   本:ボニファシオ・イラガン
上映時間:95分
言   語:タガログ語、英語
       日本語字幕
キャスト:アレン:ディゾン、イザ・カルザド
      ジーナ・アラハル、ロベルト・アレヴァーロ、エミリオ・ガルシア
      フェリックス・ロコ・ジュニア、スヌーキー・セルナ、

上映スケジュール
2010年7月18日(日)名古屋
    名古屋YWCAビッグスペース
   (名古屋市中区新栄町2-3、地下鉄栄5番出口徒歩2分)

    第1回 午前10時ー12時
    第2回 午後2時ー4時

    チケット:1000円(全席自由)

    上映主催団体:名古屋YWCAアジア英語の会、FMC、FICAP、
           ミグランテ名古屋
           フィリピン情報センター・ナゴヤ(NCPC)


2010年7月19日(月)埼玉 メディアセブン・キューポラ7F
               (川口市川口1-1-1、川口駅東口徒歩1分)

    第1回 正午ー午後2時
    第2回 午後3時ー5時

    チケット:1000円(全席自由)

    上映主催団体:KAFIN、ミグランテ埼玉


“Dukot,” a full-length film that tackles the issue of human rights violation and extra-judicial killings in the Philippines will be in Nagoya and Saitama. This movie will surely hurt because it’s an anthology of reality-based stories of the so-called “desaparecidos,” particularly those activists who have disappeared under mysterious circumstances and who, to this date, have not been heard about by their own families. What really happens to them and their families? Who are responsible for their disappearances?

Extrajudicial killings and enforced disappearances of militant activists, crusading journalists and government critics constitute one of the more disturbing phenomena in recent years in the Philippines. The Philippine government has flatly rejected responsibility and denied complicity in these heinous crimes, professing adherence to the Bill of Rights and to all international protocols on human rights.

Dukot, the 2010 Philippine Gawad Tanglaw Award winner for Best Story and Movie Screenplay, is a collaboration of Palanca awardee Bonifacio Ilagan and multi-awarded director Joel Lamangan. It casts Allen Dizon and Iza Calzado in the lead roles, supported by Gina Alajar, Robert Arevalo, Emilio Garcia, Felix Roco, Jr. and Snooky Serna.

Executive Producer Dennis Evangelista and lead actor Allen Dizon will join us in the screening dates. The film is in Tagalog with Japanese sub-titles.

 

 SCREENINGS:

Sunday, July 18, 2010

(10:00 a.m.-12:00 & 2:00 p.m.-4:00)

Nagoya YWCA – Big Space (Hall)

2-3 Shin Sakaemachi, Naka-ku, Nagoya

(2 mins. walk from Exit #5-Sakae Subway)

Ticket: 1,000

Organized by:Asian English Club – Nagoya YWCA, FMC, FICAP, Migrante-Nagoya, Nagoya Center for Philippine Concern (NCPC)


Monday, July 19,2010

(12:00-2:00pm & 3:00pm-5:00pm)

Media Seven 7F

1-1-1 Kawaguchi, Kawaguchi

(1mins. walk from Kawaguchi Station)

Ticket: 1,000

Organized by:KAFIN, Migrante-Saitama

| ngo-ph-rights | 他団体の動き(Related activities of other organizations) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://ngo-ph-rights.jugem.jp/trackback/252
  1. SNS