スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
Ecumenical Voice at the UN Human Rights Council/人権団体関係者らが国連で証言へ
 2010年6月1日から10日、国連人権理事会第14セッションにフィリピンから人権問題にかかわる市民団体などの代表団が証言を行うことになった。以下は代表団の事前記者発表。


記者発表(抄訳)
2010年5月27日

世界は再度知るであろう

 9年間に及んだグロリア・マカパガル・アロヨ大統領政権の幕引きに際して記録しておかなければならない最も明白なことは、人権保護という点において最悪であった、ということだ。近年稀にみる劣悪な対テロ計画「オプラン・バンタイ・ラヤ」の履行に伴い、アロヨ政権下で、戒厳令時代以降、この国の歴史の中で最も大規模に人権が侵害されたのである。
 カラパタンの調べでは、超法規的殺害の犠牲者は1191名に上り、そのほかにも205人が強制失踪の犠牲者となり、1028人が拷問され、農村地域での軍事作戦によって強制避難・移住させられた人は数十万人に及ぶ。これらはすべてアロヨ政権下で起きたことであり、オプラン・バンタイ・ラヤがいかに粗暴なものかを示している。しかも、犯人がほとんど逮捕されることもない。アロヨ政権に対する国内外からの強い圧力によって、人権侵害のケースは少なくなっているものの、人権侵害はなくなることはなく、犯人も捕まらないままである。また、アンパトゥアン虐殺や43名の医療関係者に対する非合法な逮捕・拷問のようなケースも発生している。国内・国際社会からの圧力で人権侵害が一時的にトーン・ダウンしても、その後すぐにぶり返してくる。
 犯人が捕まらないという問題は、単にそれが継続的に起こっているというだけでなく、今日に至るまで確実に有罪判決を受けている者がいないということに特徴づけられる。被害者は正義を求めている。アロヨ政権は、人間性への犯罪に対して責任を持たなければならない。
フィリピンの平和と人権のためのエキュメニカル・ボイスは、国連人権理事会第14セッションに参加するためスイス・ジュネーブに再び出向くことになった。そして、その場において、国際社会に対し、オプラン・バンタイ・ラヤの下での人権侵害が継続していることに関し、改めて注視するよう呼びかける予定である。43名の医療関係者の拘束についても国際社会に発信することになる。また、国連人権理事会に、オプラン・バンタイ・ラヤのようなメカニズムによって人権侵害や犯人の無罪放免のような事態に対して正義と支援を求めるフィリピン人の呼びかけに耳を傾けてもらうようアピールするつもりだ。そして、フィリピン政府に対して国際的な監視と圧力を続けるよう訴える予定である。
総選挙が終わり、国連人権理事会が、新たに大統領に選ばれたベニグノ・ノイノイ・アキノ政権が以下の点を推し進めることを、支援するであろうことも、私たちの希望である。アロヨ大統領を告発するという彼の約束を履行すること、人権侵害の犠牲者に正義を遂行すること、政治的圧力を終えること、政策としてのオプラン・バンタイ・ラヤを継続せず、類似する政策もスタートしないこと、反乱の原因となっている貧困と不正義の根に向かい合うこと。

代表団:レックス・レイエス・Jr司祭(フィリピン教会協議会総幹事)、マリー・ヒラオ・エンリケス(カラパタン代表)、エドレ・オラリア弁護士(民衆弁護士全国連合事務局長代理)、ジグス・クラモル(カラパタン副事務局長、拘束された医療関係者43名に含まれているメリー・クラモル医師の夫)、カルロス・サラテ弁護士(民衆弁護士連合・ミンダナオ事務局長)


That the world may know again

Press Statement
May 27, 2010

As the curtain falls on President Gloria Macapagal-Arroyo’s 9-year rule, it is most certain that among others, it shall be marked as the worst in terms of adherence to human rights instrumentalities. With the implementation of Oplan Bantay Laya (OBL), the most vicious counterinsurgency program in recent memory, her government tops the scale of human rights violators in the country’s history since the martial law years.

According to Karapatan, there were 1,191 victims of extrajudicial killings, 205 victims of enforced disappearances, 1,028 victims of torture and hundreds of thousands of people forcibly evacuated and displaced in rural areas as a result of military operations – all committed during President Arroyo’s watch. These represent the scale and magnitude of the brutal impact of the OBL under a so-called democratic rule. The culture of impunity that characterized this assault on human dignity is second to none in recent years. When there is strong local and international pressure the Arroyo government is forced to “de-escalate” the number of human rights violations. But even if the numbers decreased there was no let-up in the violations, with impunity becoming more brazen as in the cases of the Ampatuan massacre and the illegal arrest and torture of the Morong 43. Whenever there is a lull in the pressure the number of violations shoots up again.

The impunity is also characterized by the fact that not only is it continuing but also by the fact that to this day no one has been credibly convicted of these affront to humanity. The victims cry out for justice. The Arroyo government must be held accountable for these crimes against humanity.

Moved by faith and aware that in our refusal to speak “even the stones will cry out”, the Ecumenical Voice for Peace and Human Rights in the Philippines will once more travel to Geneva, Switzerland for the 14th Session of the United Nations Human Rights Council. There, we will again bring to the attention of the international community the persistent and continuing violations to human rights under Oplan Bantay Laya. We will lay before the international community the story of the continuing detention of the Morong 43. We will appeal to the UNHRC to listen to the call of the Filipino people for justice and help stop further impunity and human rights violations through mechanisms like the OBL. We will lay our case for sustained international monitoring and pressure for the Philippine government to comply with its commitments and pledges to universally accepted human rights instrumentalities.

Having gone through a recent national election, it is also our hope that the UNHRC will help push the new Philippine government under presumptive President-apparent Benigno “Noynoy” Aquino III to : fulfill his promise to prosecute President Macapagal-Arroyo, accord justice to the victims of human rights violations, end political repression, discontinue the OBL as a policy and never embark on any similar policy, and address the roots of the insurgency, namely poverty and injustice.

In the end, there can be no substitute to the vigilance of the people. From all walks of life in this Republic, we must be watchful by keeping to mind lessons of the past - of how our forebears resisted oppression thereby showing us that it is possible for just and peaceful times to dawn upon us.##

Members of the Delegation: Fr. Rex Reyes, Jr. (General Secretary, NCCP), Ms. Marie Hilao-Enriquez (Chairperson, Karapatan), Atty. Edre Olalia (Acting Secretary General, National Union of People's Lawyers), Mr. Jigs Clamor (Deputy Secretary General, Karapatan and husband of Dr. Merry Clamor of the Morong 43), Atty. Carlos Zarate (Secretary General, Union of Peoples' Lawyers in Mindanao). 
| ngo-ph-rights | 国連の動き(Related activities of UN) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://ngo-ph-rights.jugem.jp/trackback/254
  1. SNS